MO(R)TOWN

ポートランドの人たちは基本的に朝早起きです。

早い人だと始業時間が7時とかで、夕方3時には仕事を終え、そこから自由に自分の時間を楽しむなんてスタイルの人も。

さすがにそこまで朝早くから”仕事”を始めないにしても、朝の時間を有効活用する人は多いです。

ウォーキング、ランニング、トレッキング、ロードバイキング・・

こういう生活がしたくてNYなどの大都会から引っ越してくる人もいるほど。

この朝方の生活ゆえに、「朝食」にかける想いも人一倍。

これはポートランド観光局で働く友人、ジェフが言ってたのですが、「Morning Town(モーニングタウン)略して、MO(R)TOWN(モータウン)だよ」と。

そんな小粋なジョークも飛び出すほど、朝食に力を入れた店が多いです。

また先週お話した、「~イズム」(こだわり)を持ったお店が多いです。

朝食の有名なお店をいくつかご紹介しましょう。

 

まずは「mothers(マザーズ)」

603167_10151691302931197_577349948_n

 店内は、名前の通り、ありとあらゆる”お母さん”の肖像画や写真が飾られています。

9899_10151691302901197_1546216066_n

 「田舎のお母さんの家に帰ってきたような」雰囲気作りをしているので、置いてあるシルバーや器など、どこかノスタルジックな懐かしいものが多く、出てくるメニューもいわゆるアメリカでは定番なパンケーキやスクランブルエッグにソーセージなどのプレートもの。

8477_10151691302816197_937071711_n

 これまた自分たちが子供の頃から食べて育ったものを、改めて丁寧に美味しく提供してくれるってことで人気なお店です。

 

続いて「broder(ブローダー)」

RIMG1202

ダントツに美味しい!

丸いパンケーキだったり、ハッシュドポテトにハム&チーズ&ポーチドエッグなどのスウェーデン風の朝食が楽しめます。

RIMG1237

RIMG1233

お店は朝から大行列。週末だと2時間くらい待つことも。

でも、隣のバー(経営母体は別)は夜からの営業だからということで、そこを借りてウェイティングルームとして活用。こういう”お隣さん”が相互に協力しあってるのもとってもポートランド的。

RIMG1203

RIMG1205

RIMG1222

 

 

「petti provance (プチ・プロバンス)は、フランスのプロヴァンス地方をイメージしたお店。

RIMG0924

フランスからやってきたシェフが、もともとはベイカリー屋さんとしてスタート。口コミでどんどん人気が広がって、プレートで朝食を提供するレストランをオープン。

RIMG0927

 

店で一番人気を誇るクロワッサンがあるんですが、そのクロワッサンを使ったエッグベネディクトはもう絶品・・たまごが溶け出したところにグレイビーと絡み合って、それがクロワッサンに染み込んだところをガブっと・・・最高でした。

RIMG0942

ちょうどこのお店行った時、Marvin Gayeのようなお客さんがカウンターで1人朝食を食べていたんだけど、むちゃくちゃかっこよかったです。

RIMG0922

RIMG0934

 

ポートランドに行ったら、早起きはマスト!そして、朝食をどうぞ楽しんでください。

 

Pocket