オレゴンの大自然のシンボル、マウントフッド!

成熟社会のその先にあるポートランドのライフスタイル。

このライフスタイルがどこから生まれるかというと、やはりオレゴン州の大地、大自然があるからなんです。

オレゴンの大自然の中でも、シンボルとして存在するのが、「Mt.Hood(マウントフッド)」という山。

IMG_0064

IMG_0058

(これ、今から9年ほど前に撮った写真です(笑))

 

標高3424m、富士山が3776mなので、ほぼ同じ高さで、形が似ていることから、「オレゴン富士」とオレゴンに移り住んだ日系移民たちは呼んでいました。

万年雪、夏の間も雪があるということで、昔からスキーヤー・スノーボーダーたちの間では合宿地としても有名な山です。

ちなみに、僕はこの山が初スノーボード体験だったんですが、いきなり猛吹雪に見舞われ・・前も後ろも右も左もわからなくなり・・

はい、遭難しかけました。疲労と寒さで頭が朦朧とする中、あの時、初めて感じました。

「雪って温かいんだ」って。一緒に行った日本人の友達の声が今でも耳に残っています。

「寝たらかんでー!寝たらかんでー!寝たら死ぬでー!」

自然は雄大が故に本当なめちゃダメです。

 

中腹には、「ティンバーラインロッジ」というそれはそれは立派なロッジがあります。

IMG_0059

 

1930年代、世界大恐慌時代に、時の大統領、ルーズベルトの”ニューディール政策(社会の授業で習ったあれ)”によって、全米中から職人さん、芸術家たちが集められて建てられたものです。

IMG_0063

風情ある外観は1980年に公開されたホラー映画『シャイニング』の舞台としても使われていました。

 

登山口がとにかくたくさんあり、その途中、途中に、これまた”知られていない”トレッキングスポットも!

IMG_0054

 

一度、ポートランド観光局の友達、ジェフに彼の”秘密のトレッキングスポット”に連れて行ってもらったんですが、山の中腹に車を停めて歩くこと20分。今まで見たことのないキラキラ輝いて、かつ、とても静かな湖がそこにはありました。

IMG_0057

僕たちの喋り声、時折聞こえる鳥の鳴き声以外、音が一切無いんです。

少し大きめの声で話すだけで、そこに自分たちの声がこだまするように響き渡るんです。

IMG_0056

IMG_0055

ポートランド、またオレゴンに住む人たちは、誰もがこういう”自分の”場所を持っています。

”自分の”というと少し語弊があるかもしれません。”自分をいつでも解放できる”場所を”知って”いるんですね。

だからこそ、ポートランドのような「シンプルなライフスタイル」が生まれるんです。

 

slider-1

(前回のツアーでは、マウントフッドをバックに集合写真を撮りました)

 

ちなみにですが、この「マウントフッド」では「ビッグフット(雪男)」が発見された、いや今でも住んでいる・・なんて説も。

オレゴンはこれをむちゃくちゃ売りにしていて、お土産屋さんにいくと必ず「ビッグフット」グッズがあります。

なんなら「ビッグフット」のおもちゃ専門店まであるくらいです(笑)

RIMG1320

 

ポートランドの街からも天気が良いとマウントフッドを眺められます。

というか、マウントフッドがいつもこの街を見守ってくれています。

RIMG0768

RIMG0769

 

 

保存

保存

Pocket