琴線に触れる

オレゴン観光局からトップのジェフ・ミラーさんとグレッグさん、ポートランド観光局のトップのビリーさんと我らが友人、ジェフ・ハマリーさんが来日!

1

彼らをお出迎えするため、名古屋高針の「スイートオブオレゴン」でウェルカムパーティを開きました。

2

3

4

 

これまた”この日だけの特別チーズケーキ”のビュッフェをたっぷりと堪能して頂きました。

5

6

7

8

この日パーティに参加されたのは、『Love It, Portland』去年と今年のツアー参加者と、『ポートランドリビング』のメンバーたち!

9

10

平日のお昼開催ということでもちろん全員ではないですが、オレゴン、ポートランドとの結びつきを改めて深めて頂きました。

11

12

13

翌日は、中区千代田のバイクショップ「Circles」へ。

14

この3人、さすがオレゴニアン(オレゴンに住む人をこう呼びます)、皆さん大のバイクラバー。

ジェフは前にこのブログでも紹介したことありますが、1台の自転車をずっと大事に27年間乗り続けています。

「Circles」がChris King( Cielo )やBredWinner、Portland Design Works, Bike Fridayなどなど、オレゴンメイドの自転車や自転車パーツを扱ってるのもあり、3人ともとても興味津々にお店を見て回ってました。

15

16

17

最後はクラフトビール(この日は岐阜のビールでした)で乾杯!

彼らとここでこうしてビール飲んでると、本当にオレゴンにいるような気分でした。

18

ポートランドでも最近面白い店がどんどん参入してきているアルバータストリートやミシシッピストリート辺りで!

19

 

僕らも、そして彼らもとても驚いています。

年々ここ名古屋とオレゴン(ポートランド)の関係が深くなっていることを。

「琴線に触れる」

どれだけ近くにいても琴線、乗っている弦の上が違ったら頑張って弾いても響き合わないけど、同じ弦の上にいればどこにいても、海の外であろうと響き合う。

どちらか一方からの感動ではなく、お互い感動を与え合う関係が築ける。

共鳴する。

それが、本当の意味での「琴線に触れる」。

スイートオブオレゴンの長谷部社長から頂いた言葉です。

まさにそれを感じるここ数年です。

20

 

 

Pocket