ホーム開幕戦を前に

今週末はアイシンシーホース三河のホーム開幕戦!

例年とは違って、アウェイで開幕を迎え、そしてホーム開幕もいつもの刈谷ではなく、今シーズンは北陸での幕開けです。

先週は千葉での開幕戦を観戦してきました。

写真1

 

最寄りの駅から船橋アリーナまでの道中、既に相手色に染まり、会場も4800人を超える大入り!!

写真2

写真3

写真4

 

この「約5000人」というのは来シーズンから始まる新しい国内バスケットボールリーグ(現NBLとbjリーグの統一リーグ)「B.LEAGUE」の”基準”となるライン。

やはりプロである以上、興行である以上、これくらいの数のお客さんに来てもらうべきだ、と。

そして、これは何も新しいリーグが始まってから・・というのではなく、もう今シーズンから始まっている「目標」であり、「課題」でもあるわけです。

はい、頑張ります。選手が一生懸命プレーしてくれる中、運営の方々が奔走してくれる中、僕ら演出チームとしても、出来る限りのことをしていきたいと思っております。

写真5

(利根応援団長と演出チーム、ディレクターの福ちゃんと、決意新たに!)

特にこうやってアウェイのゲームを観に行くと、色々と会場全体を俯瞰(ふかん)して観ることが出来て、大きなものから小さなものまで”気付き”がたくさんあります。

選手入場の時はこんな照明と音楽と、そうか、ここにこうやって応援団さんが太鼓を持って鳴らすと音の響きが・・・

写真6

写真7

などなど、本当勉強になります。

 

試合は、アイシンシーホース三河の2連勝でした!

写真8

昨シーズン同様、両日共に得点でチームを牽引したのは金丸選手!

写真9

手首からボールが離れた瞬間、そこにまるでリングまで続く山なりローラーコースターでもあるんじゃないかと思うくらい、ツルツルとボールは滑っていき、最後はスポッとネットを通過してるんです。

もはやアート!

写真10

 

シュートが上手くなりたい!って言うバスケットキッズたちよ、土曜夜9時54分からTV愛知で放映中の『DUNK THE SHOT!』を是非録画して、擦り切れるくらい(はい、ビデオテープ世代です)何度も何度も細かいとこまで観てごらんなさい。

どこまでボールを両手で持っていってるか、添えている左手はどの位置か、またリリース直後の右手の返し方は、左手の位置は、肘の伸ばし方は、目線は、放たれたボールの角度は・・・などなど。

写真11

良い角度でカメラ、抑えてくれてるから。

まず頭でこういう美しすぎるフォームをイメージして、イメージして、イメージして、そこから後は反復練習あるのみ!

番宣兼ねたワンポイントシュート講座でした。

写真12

<テレビ愛知「Dunk The Shot」 http://www.tv-aichi.co.jp/dunk/>

 

明日の北陸ホームゲーム開幕戦も楽しみです!

まだまだ特筆したい選手やプレーがたくさんあろますが、シーズンは始まったばかり。また追い追い!

最後に、アイシン三河応援団長と千葉ジェッツブースターの方の写真を。

写真13

応援しているチームは違えど、バスケットを愛する気持ちは一緒。自分たちの応援するチームに一生懸命声を上げることで、日本のバスケット界全体が盛り上がっていけば・・そんな想いが溢れた一枚。
僕、この写真好きなんです。

写真14

 

 

Pocket