地ビールにコーヒー、そして・・

ポートランドは恵まれた水と大地の恩恵を受け、地ビールとコーヒーの文化がどこよりも花開いています。

でも、もう少し大きく「オレゴン」という視点から見ると、実は、ワインもとっても有名なんですね。

ポートランドから南西に車で1時間ほど行くと、Willamet Valleyという丘陵地隊が広がります。

写真1

ここの大地と気候が、葡萄作り、特にピノという品種の葡萄作りにとても適していたそうです。

遡ること50年ほど前くらいからその動きは始まったそうです。

フランスからもワイン醸造家が移住してきたりして、どんどんその規模は大きくなっていきました。

オレゴンのワイン文化が花開いたのは、1970年代。それまではピノ・ノワールというとフランスのブルゴーニュ地方が有名だったんですが、なんとブラインドテイスティング(目隠ししながらワインを飲む)の大会で、オレゴンのピノノワールがフランスに圧勝!

そこから世界のワイン愛好家たちに知られるようになっていったそうです。

先日行った旅行では、そんなワインカントリー、オレゴンのDundee (ダンディー)っていう渋い名前の街に宿をとりました。

「Black Walnut Inn(ブラックウォルナットイン)」

写真2

写真3

写真4

写真5

写真6

写真7

ここはワイナリーではなくて、Vineyardといって、ワイン用の葡萄を作る大きな畑を所有するオーナーが経営する宿。

写真8

写真9

写真10

写真11

写真12

写真13

写真14

目の前に広がるのが葡萄、葡萄、葡萄の木!

写真15

写真16

・・はい、今は冬なので、何も実ってなかったですが。

写真17

それでも、この広大な土地とここから眺められるオレゴンの山々!最高の景色でした!

(朝はオレゴン富士とも呼ばれる山、マウント・フッドを拝めることも!)

写真18

写真19

初日は、オーナーの奥さんに、

「今日のお客さんはあなただけよ。私たちも出ちゃうから、あなたと、地下に住んでる92歳のお義父さんの二人だけだから!エンジョイ!」

おぉ・・92歳のおじいちゃんと「エンジョイ!」言われましても・・この山の中、何かちょっと不安になるようなこと言われましたが、旅の疲れもあってグッスリ爆睡。

朝食が美味しかったー。

裏庭にニワトリ飼ってて、とれたて卵のオムレツ。

写真20

写真21

写真22

野菜も肉も、もちろん地のものにこだわってました。

オーナーにこの辺りのオススメのワイナリーを聞いて、ダンディの街に。

写真23

昔は狐(の毛皮のため)の農場だったっていう『Fox Farm』と、

写真24

写真25

写真26

写真27

写真28

看板も何もだしてない『Chapter 24』っていうテイスティングルームへ。
写真29

写真30

写真31

写真32

写真33

昔映画で観た『サイドウェイ』のあの世界がここに!(あれはカリフォルニアのナパでしたけどね)

えー、一人で行くなんて初体験だし、ワインに全く詳しくないので、なんかマナー違反はないか、気の利いたコメントしなきゃいけないのかなど、色々ドキドキしながらテイスティングしてました(笑)

写真34

単純に自分の”好み”で選んで購入。もちろん買わなくても大丈夫でしたが、せっかくだったんでね、お土産に。

値段はそれこそ20ドルくらいのものから100ドルくらいするものまで、幅広いです。

写真35

写真36

「Fox Farm」も「Chapter24」もテイスティングルームだったんですが、それこそこのエリアには至るところにワイナリーがあるので、中には目の前に葡萄畑が広がって、そこでのんびりテイスティング出来るなんてところも。

ポートランドから少し足を伸ばして、オレゴンのワイナリー巡り、最高です!!

今度の『Love It, Portland』ツアーのオプションとして組み込もうかしら・・・!?

写真37

 

 

Pocket