ポートランドの人たちってなんでもDIYしちゃうよねー

以前、僕の留学時代のホストファミリーが自分で一から家を建ててしまったってことをこのblogでも書きましたが、本当にオレゴンの人たち、ポートランドの人たちって何でもDIYしちゃいます。

ここは「Rebuilding Center」

写真1

建て替えや家を壊すってなるとそこからドアや便器やバスタブなどを引き取って、またそれを売るというお店。

写真2

 

写真3

 

写真4

 

写真5JPG

むちゃくちゃ広い敷地にそれぞれのセクションに分かれて”モノ”が置かれ居ています。

写真6

写真7

家を自分で建てたりリフォームしたりする人たちはここで自分好みの”モノ”を購入していきます。

写真8

最近、このお店の入り口がこんな感じになったんだけど、なんだろこの中の無骨な感じに似つかわしくないファンタジーな感じは?(笑)

トンテンカンと日曜大工のようなことだけがDIYではありません。

自転車を自分でいじったり、ガーデニングやったり、野菜も自分で栽培したり、庭で鶏育てたり・・

何だって”自分で”やりたい人たちなんです、オレゴニアン、ポートランディアは。

今回の旅でビックリだったのは、このお店。

『Bee Thinking』

写真9

写真10

そうです、養蜂、つまり蜂蜜もDIYしたい人向けのお店なんです!

ここまで行っちゃうわけですね、このDIY精神は。

写真11

写真12

この蜂の攻撃から身を守る宇宙服みたいなやつ、ジャケットで85ドル(9000円くらい)でした。

写真13

最初はこれを揃えよう「養蜂家になろうキット一式」、これが70ドル(7700円くらい)。

買ったところでどうやって始めたもんかってなりますよね。

そんな人たち向けにちゃんと毎週、ワークショップが用意されています。

写真14

詳しく聞かなかったけど、多分、初心者向けから上級者用まで用意されてるんだと思います。

もちろん、こういった養蜂キットだけじゃなくて、お店が提供するオリジナル蜂蜜や、蜂蜜石鹸、リップクリームなんかも売ってたんで、お土産にも最適。

写真15

写真16

写真17

写真18

写真19

写真20

オリジナルTシャツもありました。

何でも自分でやることに意味がある。周りにはそれを助ける人たちがいる。

そうやってコミュニティが出来上がっていく。

だからこそ特別なものになる。

これがオレゴンのDIY、ポートランドのDIYです。

 

そんなポートランドへ僕、小林拓一郎と一緒に行くツアー『LOVE IT, PORTLAND』、今年のお申し込みも始まっています。

すごく嬉しいことに、枠も残りわずかとなりました。

お悩み中の方、どうぞお早めに!

 

イベントの詳細、お問い合わせはこちらから↓
http://www.jstgroup.com/pdx/

Pocket