5 MORE WINS TO GO!!!!!

やりました!我らがアイシン三河

写真1

クォーターファイナルで日立東京を下し、セミファイナル進出決定です!

写真2

第1戦、激しいディフェンスの応酬が続き、ローススコアな展開。

写真3

写真4

写真5

写真6

しかし、金丸選手は前半だけで3本の3ポイントを決めます!

写真7

相手ディフェンスの意識が外に向いた瞬間、金丸選手は中へガンガン攻め入ります!

華麗なフローターやフックショット。

写真8

写真9

ファウルも誘い、確実にフリースローをおさめます。この日、21得点の活躍でチームをけん引!大事な大事な初戦を制します!

写真10

第2戦、この日、前半は相手ペースで試合が進みました。

橋本キャプテンをはじめ、全員が必死に相手にプレッシャー。

写真11

写真12

写真13

一瞬でも気を緩めたら一気に引き離される展開でした。試合終盤、ここを決めなければ点差が開いてしまうという大事なところで、ルーキー加藤選手の値千金のスリー!

写真14

流れがきます!

バッツ選手のリバウンドでセカンド、サードチャンスが生まれ、

写真15

写真16

そこから大事な得点をことごとく決めたのが、比江島選手!!!
写真17

写真18

写真19

写真20

写真21

 

「あきらめたらそこで試合終了!」まさに、安西先生のあの名言通りの逆転劇を見せてくれた我らがアイシン三河、最終的には6点差をつけての勝利!連勝で、セミファイナル進出を決めました!

写真22

写真23

写真24

次の相手はアルバルク東京!今シーズン、リーグ1位をずっと走り続けた強豪です。確かにリーグ戦での成績だけを見ると、相手に分があるのかもしれません。が、シーズンとプレーオフは別物!

あの時は怪我で欠場していましたが、今は「勝利を知る男」柏木選手がいます!

写真25

今のアイシン三河はシーズン中よりもタフで粘り強いです。チーム内の連携、コミュニケーションも高まっています。

(誰かがフリースローを打つ時など、ちょっと時間が止まる瞬間、円陣組んで必ずプレーの確認し合ってます)

写真26

写真27

写真28

昨年のファイナル、今年はじめの天皇杯準決勝と、全て、このアルバルク東京という強豪チームとの名試合を制しての「優勝」でした!

橋本キャプテンもホーム最後の挨拶で言ってました。

写真29

「現地に行ける方は、現地での応援、ヨロシクお願いします!」

写真30

緑に負けない”青援”届けましょう!!!

写真31

写真32

写真33

 

 

Pocket