大人が遊び、子どもが遊ぶ。

ポートランドリビング当日まで、何度「天気予報」を確認したことか・・

「お、日曜日は曇りだ。いける!」

「ん?曇り時々雨に変わったぞ・・でも、時々だし、大丈夫だろう!」

「おやおや、降水確率があがった・・てか、小雨と弱雨の違いってなんだ!?」

などなど、天気をチェックする度に一喜一憂してました。

結果、当日は”晴れ時々雨”というよくわからない予報の中、スタート。

恒例の出店者全員での記念撮影。

写真1

準備段階では、まさに”小雨”が降っていて、一旦マーケットが始まると少し晴れ間も。

写真2

写真3

写真4

写真5

写真6

写真8

写真9

写真12

しかし、ここから「雨男」ならぬ「雨神さま」ぶりを発揮した私、小林拓一郎。

写真10

写真11

最終的にはバケツひっくり返したような雨がドバドバと・・

写真13

写真14

すんません、本当に。。。

なんだかデジャブのような・・去年のこの時期のポートランドリビングでも同じようなことが・・・

でもね、去年は途中でやめざるを得ない状況でしたが、今年は一応最後まで開催することができました!

出店者の皆様、お疲れさまでした。

写真15

写真16

写真17

写真18

そして、こんな雨の中でもご来場くださったお客様、本当にありがとうございました!

写真19

写真20

写真21

写真22

写真23

写真24

自分たち(出店者全員が主催者です)の主催してるイベントでこんなこと言うと手前味噌に聞こえるかもしれませんが、この「ポートランドリビング」の良いところは、こんな雨でも皆んなその場を全力で楽しんでること。

写真25

写真26

大雨の中始まった午後のジャムセッションはたまらなくカッコよかった・・!

写真27

今回のTシャツをシルクスクリーンで刷ってくれたDaisy Messengerのイズルさんがオルガンを弾き、息子さんがカホンを叩く、親子セッション!

写真28

大人が全力で楽しんでる姿を子供たちに見てもらって、子供たちにはもっともっと楽しんでもらいたい。

たとえ、それが今すぐじゃなくても、大人たちのこの遊ぶ姿をうっすらでも覚えててもらって、いつの日か彼らが大人になった時に、「そういや、なんか楽しそうにしてたよなー、あの人たち」って思い出してもらえれば、それで良いんです。

そしたらきっと楽しいことは続いていくはず。

ポートランドが常に”遊び心”を忘れずWeird (ヘンテコ)なままでいるように、”遊び心”全開でポートランドリビングも続けていきたいと思っています。

写真29

写真30

写真31

写真32

あ、嬉しいことにTシャツは即完でした。ありがとうございます。

写真33

次回は夏頃(8月初旬)にファーマーズマーケットではなく、ちょっと違う形で「ポートランドリビング」を企画しております。

ざっくりと今の段階の構想をお伝えするならば・・ 「ポートランドリビング的サマーパーティー」のような。

これまたきっと”遊び心”満載の空間になると思います。

お楽しみに!

写真34

 

 

保存

保存

保存

保存

Pocket