日本で出会い、ポートランドへ会いに行く。

今年の5月、東京で開催された第2回目のPOP UP PORTLAND

そこに出展していたお店で、気になっていたところへ、今回のLove It, Portlandツアーで行って参りました!

まずは、「HAND EYE SUPPLY(ハンド・アイ・サプライ)」

写真1

写真2

DIY好き・・ってなレベルじゃないくらい、何でも自分たちで作ってしまうポートランダーたち。

工具を入れる箱や作業着だってこだわりたい!って要望に見事に応えたのがこのお店。

写真3

写真4

力仕事の無骨さのイメージは残しつつ、色やデザインで可愛らしいポップさを加えたラインナップ。

写真5

写真6

写真7

お店の壁に大きく飾られたモデルも、全て地元の皆さん。

写真8

写真9

写真10

写真11

仕事で本格的にDIYする人から、趣味でやる人、はたまたシェフまで!

「POP UP PORTLAND」の時に掲げられていたボードと、その仕掛け人、山崎さんの本も置いてありました。

写真12

写真13

僕は、不器用で何も作れない人間なんで、ここではTシャツを購入し、気分だけでもクラフトマン。

写真14

はい、手作りものは全て「CRAFTSMAN-W(クラフトマン・ダブリュー)」の鰐部さんにお願い致します(笑)

続いて、「PORTLAND GEAR(ポートランド・ギア)」

写真15

ポートランドの”P”の文字の中にオレゴン州の形を施したシンボルマークが、インスタで話題となり、発表するやいなや、瞬く間に25万人のフォロワーを獲得したという、今ポートランドで最もアツいアパレルブランド。
写真16

写真17

写真18

僕の愛するブレイザーズの選手たちも、ここのキャップをかぶって、ポートランド愛を示してくれております。

ファウンダーでデザイナーのMarcus(マーカス)(まだ20代半ば!)もバスケが相当好きらしく、よく選手と一緒にインスタに登場したり、お店にもブレイザーズの昔のペナントがたくさん飾ってありました。

 これ、超欲しい。。。

写真19

店内の内装はシンプルなんだけど、レールにTシャツがズラーーっとつるされて、グルグルまわるようになってたりと、商品展示の仕方に一工夫あって楽しい気持ちでショッピングできちゃう。

写真20

ツアーの皆さんも大量に購入されてました。

写真21

そしてスタッフがイケメンだよねー。

写真22

最後に、「OROX LEATHER CO. (オロックス・レザー・カンパニー)」
写真23

ポートランドのチャイナタウンにお店はあります。

お店に入った瞬間、皮の匂いに包まれて、レザーグッズ好きにはいきなりたまらないお出迎え。

写真24

写真25

写真26

そして、お店と作業場がすぐ隣り合わせってのも、このお店の特徴。

写真27

カウンター越しに、まさに作ってるその光景を眺めることが出来ます。

かっこいいです、物を作ってる人たちの真剣な眼差しや、佇まいって。

お店は家族経営。ちょうど作業されてたのは、東京で出会ったMartin(マーティン)のお父さん。

昔、宇都宮にいたこともあるそうで、とっても親日家でもあります。

マーティンも笑顔が素敵で、実直な性格が滲み出てます。

写真28

物作りって絶対性格が反映されるから、こういう人たちが作る物って絶対信用できる。

写真29

今回はキーチェーンを購入。

男臭いバックパックもかっこ良かった・・!

写真30

「POP UP PORTLAND」で彼らに出会い、そして、こうやって彼らのお店を訪れる。

ただでさえ、彼らのお店や扱うグッズにはストーリーがあるものですが、購入したもの、どれも自分にとって更に特別なものになりました。

ちなみに、「POP UP PORLTAND」のウェブショップってのが出来たみたいです。

グッズ、気になった方はぜひ、チェックしてみてください。

popupportland-webshop.com

 

保存

保存

保存

Pocket