街全体がTシャツ屋さん

最近、ポートランドに行くごとに、家に増えていくものがあります。

それは、Tシャツ。

写真1

この夏行ったツアーでも、相当買い込みました。

以前ご紹介した『Portland Gear』のようにTシャツをメインで扱ってるお店ももちろんなんですが、今や、ポートランドは街全体がTシャツ屋さん・・と言っても過言はないくらいどのお店に行っても”オリジナルTシャツ”が売っています。

僕はコーヒーショップが大好きで、毎回訪れる度に1日3軒くらいまわるんですが、ラテと一緒にTシャツ巡りも楽しんでます。

『Sterling Coffee (スターリング・コーヒー)』

写真2

写真3

 

写真5

『Nossa Familia Coffee (ノッサ・ファミリア・コーヒー)』

写真6

写真7

写真8

写真9

そして、人口に対してレストランの数が一番多い”食の街”ポートランド。

各レストランもまたしかり。

『Little Bird Bistro (リトルバードビストロ)』
写真10

写真11

写真12

写真13

フードカートにだって売ってます。

写真14

写真15

写真16

写真17

そして、そのお店の人たちが皆それぞれ、誇りを持って自分の働くお店のTシャツを着ている。

写真18

 

写真20

以前もblogでご紹介した『The Side Yard Farm & Kitchen』のステイシーさんも。

写真21

もちろんユニフォームとしてってのもあるんでしょうが、着なきゃいけないって意味合いよりも、着たいから着てる。

彼らに感じる”かっこよさ”って、きっとここなんだと思います。

お店ではもちろんのこと、プライベートでも着てたりするし。

だからデザインも普段使いできるものであったり、遊び心満載だったり。

写真22

「これは俺の彼女がデザインしたんだ」

写真23

と、21番通りにあるバイクショップ、その名もまさにな『21st Ave. Bicycle Shop (トゥエンティーファーストアヴェニュー・バイシクルショップ)』の店員さんは誇らしげに語ってくれました。

写真24

写真25

写真26

写真27

写真28

写真29

「この店は20年以上前からここで営業してて、ロゴはその時のオーナーが作ったものなんだけど、これを使って彼女が今風にデザインしてくれたんだ。いいだろ?」

と。

うん、かっこいいし、その身内でズブズブにやっちゃてる感じも好き(笑)

ちなみに僕らのやってる「ポートランドリビング」で売ってるTシャツも、このポートランドイズムを意識してます。

自分たちが着たいと思うものを創り、普段着としてガンガン着込んで、身内でズブズブ(笑)

昔のポートランドでも確かに、今ほどではないにしろ、各お店がTシャツ出してたりもしました。

が、僕ら日本人からするともうサイズ感がとんでもなく、せっかく着たいと思っても泣く泣くあきらめていたものが多かったです。

それが、最近はSサイズであれば、身長168cmの小柄な僕でもピッタリ着られるものばかり。

Tシャツのブランドはどのお店も基本的に「American apparel (アメリカン・アパレル)」ってとこのやつで、”made in USA”にこだわってますね。

写真30

同じブランドだからサイズで悩むことが無いのも嬉しい。

ツアー参加者の方も買い込んでらっしゃる方、いらっしゃいました(笑)

写真31

次回は個人旅行で秋頃の訪問を予定していますが、季節関係無く、またまた大量に購入してしまいそうです。

 

 

保存

保存

保存

Pocket