B.LEAGUE、夜明け前!

いよいよです。

いよいよ日本のバスケットボールの新しい時代の幕開けです!

B.LEAGUE(Bリーグ)開幕です!

今まで二つだったリーグが一つに統一され、国内バスケット関係者、チーム、そしてファンが一丸となって、日本のバスケットボールの未来を創り上げていきます!

そんなB.LEAGUE開幕を目前とし、我らが「シーホース三河」も本格的に始動です!

pic-1

先週末、ファン感謝DAYイベントを開催。

pic-2

チームもこれからは”プロチーム”ということで、今までのファン感とはまた一味違う演出も加わりました。

まず、選手たちの普段見ることのできない格好ということで・・

選手全員、スーツで登場!!

pic-3

「ウキャーーーー!!!」

女性ファンたちの歓喜の叫びが響き渡りました。

だって、相当かっこいいんだもの。

男から見ても、惚れ惚れします。

pic-4

 あれだけ背が高くてガッチリしてるスタイルのいい人たちがですよ、オーダーで身体にピッタリ合ったスーツ着てたら、そりゃあ。

うらやましい。ただただうらやましい。

新加入の狩俣晶也選手と森川正明選手から、ファンの皆さんへご挨拶!

狩俣選手(愛称はカリー)は、

pic-5

「当たりの激しいディフェンスや、ルーズボールを誰よりも追う姿勢、こういったハッスルプレーをみてもらいたいです!」

森川選手(愛称はモリー)は、

pic-6

「自分はドライブだったり、外からのシュートだったりを得意としてるので、そこに注目してもらいたいです!」

と、自分たちのPRポイントも語ってもらいました。

二人とも相当練習熱心だそうで、特に狩俣選手は誰よりも早く体育館にやってくるそう。

それまでは長谷川選手だったみたいで、

「最近はいっつも狩俣さん先にいるんすよ、キライです」

と(笑)

その後、チアの皆さん、スーパーガールズも一人一人ご紹介!

pic-7

それぞれのチアの皆さんにもこれからはもっともっとファンがつくと思います。

pic-8

pic-9

pic-10

pic-11

チア目当てで観戦?大歓迎です!

その後、選手たちは新しいユニフォームで入場!!

pic-12

青!!!

そうなんです、今シーズンからチームのユニフォームはこの「青色」なんです!!

今までも、「会場を青で染めろ!」などの演出もしてきましたが、いよいよ選手たちのユニフォームも青!

“The Beginning of Blue Legend”

そう、「青の伝説」の始まりです!!!

従来の黒色のユニフォームも残すので、シーズン中、どこかのタイミングで使用されると思います。

 こちらもどうぞお楽しみに!

その後、選手は法被を羽織り、ファンの皆さんと一緒にゲームで盛り上がりました。

pic-13

pic-14

「狩人(かりびと)競争」に

pic-15

pic-16

pic-17

pic-18

pic-19

pic-20

pic-21

「丸バッツ(金丸選手とバッツ選手にかけてね)クイズ」。

pic-22

pic-23

丸バッツクイズは途中で用意してたクイズが無くなってしまったので、急遽、選手たちに問題をその場で作ってもらったんですが、マイケル高橋選手からのクイズ、

pic-24

「僕が初めて日本のリーグに来て、バスケットを始めた時、チーム最年少の加藤選手は3歳だった」
さあ、丸かバッツか!?

正解は・・・バッツ!

高橋マイケル選手が初めて日本に来た時、加藤選手は1歳だったそうです。今から23年前!!

改めて考えるとすごいことです。1歳だった子が大人になり、プロになった、しかし、あの頃からバリバリやってた選手が同じチームにいて、今だに若手に負けずバリバリやってる・・

山本昌、キングカズ、葛西紀明もレジェンドですが、我らが高橋マイケルもレジェンドです!!

(はい、北海道の折茂選手もです!)

その後は選手のシューズや練習着などが当たる抽選会!

pic-25

背番号22の長谷川選手、ひいた番号がまさかの「2」と「222」と2だらけ(笑)

pic-26

写真撮影会&サイン会で盛り上がり、

pic-27

最後はドーンと金の紙テープが舞いイベントは大団円!

選手たちをファンの皆さんがハイタッチで送る・・そう、シーホース三河の新たな旅路の始まりです!!!

実はこの日・・・

ファン感後、ひっそりとこんな企画を用意していました。

『TDX SESSION vol.3 ~今さら聞けないバスケのあれこれ~』

そうなんです、普段は「ポートランドリビング」と同時開催しているこの『TDX SESSION』、トーク内容もポートランドのあれこれを語っておりますが・・

 今回は丸の内のMITTS COFFEE STANDをお借りして、バスケトーーク!!

pic-28

実は、今年の一番最初に立てた目標でもあったんです。

「これだけ大好きなバスケをとことこん語り尽してみたい、トークイベントをやってみたい!」

っていう。

『TDX SESSION』の相方、チャリケン伊達氏が提案してくれたんす、

 「そろそろバスケじゃないすか?Bリーグ開幕前に」

そうか、『TDX SESSION』でやるって手があったか!!

伊達氏くらい、ライトにバスケに付き合ってくれてる人(それでもポートランド・トレイルブレイザーズ(NBA)とシーホースの試合は生観戦済み!)と一緒にやることで、むっちゃ幅広くお話が出来るんだ・・って!

それまではやるからにはディープな内容でやらねば・・そのためには、もっともっと知識もしっかり身につけて・・とか色々余計なこと考えてましたが・・

うんちく語りたいわけじゃない!「バスケ愛」を語りたいんだ!!

それに気づかせてくれた伊達氏、本当に感謝です。

そして、いざ当日を迎え、トークを始めてみると・・

内容、どディープ(笑)

pic-29

普段抱いて寝ているバスケットボールを会場に持ち込んだんですが、まず軽くひかれるでしょ、その後、家族で山に遊びに行った時もボール持ってってドリブルしたらボールが山から転げ落ちてったって話にひかれるでしょ、学生時代に授業の挨拶、「起立、礼、着席」の後に必ずシュートフォームチェックしてたって話でも・・

皆さん笑ってくださいました、ここまでバカが過ぎると(笑)

その後は僕のアイドル、佐古賢一選手の話になり、修学旅行で会いに行った話や、そこから、あえてここでは書きませんが、「シーホース三河」のMCをやる最初のきっかけのお話などなど。

前半はほぼ僕の個人ヒストリーでした、すんません、皆さんお付合いさせてしまって。

pic-30

pic-31

後半になると、参加者の皆さん巻き込んで、バスケットボール観戦の魅力のあれこれを、本当に様々な目線から語り合いました。

pic-32

そうなんです、『TDX SESSION』って名前にもあるように”セッション”なんです。

”セッション”だからこそ生まれるグルーヴ、緊張感、話の躍動!

そこにいる誰もがマイクを奪いに来ていいんです。

しかも第一回目にして、いや、第一回目だからこそなのか、相当な熱量を持ったお客さんが集まってくれまして。

もうね、楽しくて楽しくて。

pic-33

イベント終了後には懇親会もあって喋ってたんですが、だーれも帰ろうとしないのね(笑)

今振り返っても、何て幸せな日だったんろうって。。。

シーホース三河のファン感があり、夜はとことんバスケについて語り合う。

こんな日をこれからもっともっと増やして行きます

2016年9月22日(木)、B.LEAGUE、いよいよ開幕です・・

 

 

保存

保存

Pocket