THE BEGINNING of BLUE LEGEND ~共に頂点へ!~

“THE BEGINNING of BLUE LEGEND”

青い伝説の始まり。

ホーム開幕と全く同じテーマで迎えたホーム最終節。

あれから約8ヶ月。

60試合という、 選手もチームも、そしてブースターの皆さんも前人未到の長い長いシーズンの最終節。

振り返ると、ホームゲームも試合ごとに相当様変わりし、色んなチャレンジをしてきたなぁって。

もはやホームゲーム恒例になった餅まき、Tシャツタイム、ハグタイム、ブースター対抗・バブル相撲などなど。

最終節、土曜日はゲストで吉田山田が登場。

シーホース三河の会場には家族連れでいらっしゃるお客さんが多いので、彼らの名曲『日々』は、いつも聴く以上にグッと胸に込み上げるものがありました。

だって目の前に色んな素敵な家族の光景があるんですもの。

日曜日の試合では「コートの中心でエールを叫ぶ!」を実施。

タイトルのまんまですが、コートの中心で、ブースターの皆さんから選手の皆さんへ、チャンピオンシップに向けたエールを叫んでもらいました。

レギュラーシーズン最後に戦ったのは、アウェイで迎えた開幕戦の相手と同じ、滋賀レイクスターズ。

並里選手、クレイグ・ブラッキンズ選手加入後、チームのまとまりと勢いがすごく、先日もシーホースの14連勝目がかかった試合では悔しい敗戦を喫しました。

更には、この最終節、滋賀は1勝すればB1残留が決まるということで、気迫が最初から違いました。

気圧される形でゲームを支配され、前半から主導権は相手チームへ。

後半に入ってもマブンガ選手を中心とする外、中の怒涛の攻撃は止まらず、65-80で試合終了。

翌日の試合、何とか勝ってシーズン最後を締めくくりたい!

加藤選手はディフェンスで奮闘!

そして、途中から出場した長谷川選手のパスは冴え渡り、

それを受け取る森川選手も果敢に攻め続け、何度も逆転劇を演じてくれました!

・・が、残念ながら追撃も及ばずで最終的には3点差で敗北。

しかし、いよいよ始まるチャンピオンシップに向けて、サブメンバーたちの躍動は胸躍らせてくれるものがありました!

この日、演出チームと相談し、ちょっと新たな試みを。

最後のクォーターのみ、「レッツゴー、シーホース!」の”バンバンバババン”って音、「ディーフェンス!」の”バンバン”って音を途中からフェイドアウトして無音にするというもの。

特にこの最終節は「鳴り物に頼らず声でブーストする」滋賀ブースターの皆さんの声の力をとことん感じた1節でもあったので、演出チーム皆んなで一度やってみよう、と。

すると、最初こそ戸惑いがあったかもしれませんが、三河ブースターの皆さんのいつも以上に大きな「レッツゴー、シーホース!」が会場に響き渡りました!

いよいよ始まるチャンピオンシップ。

相手は、最後の最後まで大阪と西地区2位争いの死闘を繰り広げ、その座を勝ち取った琉球ゴールデンキングス。

負けられません。

シーズン成績なんて関係ありません。

もはやここからは全く違う戦いが待っています。

「ここから本当の戦いが始まるので、皆さんの力が必要です!」

と、チャンピオンシップ壮行会で語った金丸選手。

「今節、最後勝てなかったですが、気持ち切り替えて挑みます!」

と、西地区王者としてではなく、チャレンジャーとして挑む決意を見せてくれた比江島選手。

最初に得たホームコートアドバンテージ、チームを愛する気持ちはどこにも負けない三河ブースターの皆さんの熱い”青援”が「6人目の選手」となってコートに立ちます!

皆さんから頂いた熱いメッセージの数々・・

この言葉に集約されると思います。

「共に頂点へ!!!」

(今回のブログの写真はシーホース三河からご提供頂きました。 ©SeahorsesMIKAWA Co.,Ltd.)

 

保存

保存

保存

Pocket