Happy Hello Win!

「Hello Win!」

直訳するならば、「勝利よ、こんにちは!」

まさに、今節のホームゲームテーマにふさわしい結果となりました。

シーホース三河、破竹の10連勝です!!

そして、ここまでホームゲーム負けなし!!

相手は名古屋ダイヤモンドドルフィンズ、「愛知ダービー」ということもあり、お互いの意地とプライドをかけた壮絶な戦い、まさに殴り合いのような、やられたらやり返す、お互いが点を取りまくる試合でした。

こちらが決めれば、相手も決めて、またまたこちらも決め返す!

この打ち合いになった時のKJの存在感たるや!!

(ご本人曰く、”KJ”とはニックネームだから、「くん」や「さん」はつけずに呼んでください、とのことだったので、ここでもKJで)

相手からしたら、「よし、詰め寄った!」って思った瞬間にスリー決められて突き放されるっていう、この精神的なダメージ。

そうなんです、KJがアルバルクに在籍していた時はこの彼のプレーに何度も何度も落胆させられたんで、このダメージの大きさはよーくわかるんです(苦笑)

短い時間で相手を仕留めるまさに”必殺スナイパー”!

出場時間に対しての得点効率がすごく高いKJを観ていて、「一体、1分で何点取ってんだろ?」って気になったんです。

この週末、1試合目は、出場時間13分34秒で10点、2試合目は15分40秒で9点。

一般的な平均得点の計算の仕方は、総得点を出場試合数で割ったものがそれになるわけですが、ここではちょっと違う計算式を。

総得点を”総出場時間(分数)”で割ってみました。

そうすると1分あたりの平均得点が出ます。

その数字にゲーム時間である40分をかけると、丸っと1試合出場した場合に何点取ることになるのか、という計算方式。

KJのここまでの総得点、58点、総出場時間、1時間53分52秒、秒数を四捨五入して分数にすると114分。

58÷114=0.50

おおお!

つまり、1分に0.5点取っているわけです!

ってことは単純に40分換算すると、0.50×40=20.0!

1試合平均、20得点!!

もちろん、相手のディフェンスの強度、試合状況やチームケミストリーによって、ことはそう簡単にはいかないですけれど、それだけの高い得点効率で決められる選手が、今のシーホースの控えにいるってことなんです!

これね、気になっちゃったから全選手のデータを取ってみたところ、金丸選手(23.8得点)、JR選手(20.4得点)に次ぐ得点効率の高さ!

そして、物理的に絶対無理なのは承知で、この計算方式のもと、全選手がフル出場した時の合計得点ってやつを弾き出してみると・・

194.5得点(笑)

冗談みたいな数字が出ましたが、ただ、この「得点効率」ってのはバスケット観戦する時に面白いデータの一つです。

今後の試合観戦の際、参考にしてみてください。

週末の試合、見ごたえあったのは、そんな「得点効率」チームNo.1の金丸とNo.3の KJによる両ウィングからのシュート、シュート、シュートの連続!

 

日本を代表するトップシューター2人がA代表のチームとかではなく、シーホースで共演・・・かつては夢としか思えなかったようなシーンが現実のものに!

そうそう、これも忘れちゃいけない。

金丸選手、Bリーグ通算1,000得点達成、おめでとうございます!!

あと5点で始まった1試合目、金丸選手は第1クォーター途中からの出場だったんですが、早々にペイント内で得点を決め、1,000得点まで残り3点・・って思ってたらその直後、コーナーからのスリーーーー!

「スリーで決まったってのが良かったですよね」

と、満面の笑みで語ってくれた金丸選手。

日本人選手として最速での達成はいかがですかと質問すると、

「最速、1番ってのはやっぱり嬉しい。チームへの貢献として得点し続けて達成ってのが嬉しいです」

”チーメへの貢献”のために得点を取り続ける金丸選手、リーグ最速でこの大記録を達成するにふさわしい選手です!

金丸選手は2試合ともヒーローでしたが、1試合目のヒーローはもう一人。

スペースが空けばスリーポイントを積極的に狙い、それを高確率で決めた狩俣キャプテン!

しかもこの日は、9アシスト!

パスを出せば誰かが決めてくれる、空けば自分が決める!

2試合目は、比江島選手が、大事な時間帯、ポイントガードとしてゲームメイクもして勝利に貢献!

これまた「得点効率」19.7得点というここまで高い数字を残している比江島選手、もちろん自らも果敢にアタック!

笑顔がとってもキュートなこちらのサービスショットもどーぞ!

今節テーマでもある「Hello Win」は、はい、もちろん「ハロウィン」とかけたもの。

ハロウィンと言えば、仮装。

「シーホース三河新加入選手、出身はサイド7。

僕が一番バスケットが上手にできるんだ・・チームに貢献できるとは言えない、けど、やるしかないんだ・・

どーも、背番号0079、アムロ・レイです!」

・・・

昨年同様、全く同じ衣装ですんません。

てか、11年前の誕生日に番組スタッフにこの衣装もらってからというもの、ハロウィンは毎年これです。

コスパがすげいぜ。

「親父が熱中するわけだ!」

試合後、加藤選手が、「むっちゃ似てますよね」って褒めてくれました。

「おだてないでください(照)」

いつか・・・セイラさん、もしくはマチルダさんも現れないかな・・ララァも・・

あと、ちょっと想像してみた時に、ワクワクしたのが、シーホースブルーとアムロの連邦軍ブルーで会場が埋まった時の光景・・そしたら・・これぞまさにホーム・・帰れる場所!

「・・まだ僕には帰れる所があるんだ・・こんな嬉しいことはない・・」

ウォーリー、ドラキュラ、魔女、お姫様、ミニオンズ、etc..

 

ご来場の皆様も、趣向を凝らした仮装で会場を盛り上げてくださってありがとうございました!

そうそう、試合後のブースターイベントも楽しかったです。

刈谷駅すぐ近くの「英国パブ ブービーズ」にて開催されたんですが、とにかくブースターと選手やチームスタッフの皆さんとの距離が近いのが特徴のこのイベント。

 

皆んなで和気藹々とした雰囲気の中、10月30日生まれのこのお方の誕生日もお祝いしました。

ジェイアーーーーーール、サーークラギーーーーーー!!!

日曜日(10月29日)は、40歳最後の試合で34分以上のプレータイム!!

鉄人、レジェンド、ヒーロー!

どんな賛辞の言葉を言いつくしても、JRへの感謝の気持ちは表せきれないくらい、僕らにとって、本当に大切な存在!

お誕生日おめでとう、JR桜木!!

アイク(バッツ選手の愛称)が、「50歳の誕生日おめでとうございます(笑)」って冗談で言ってましたが、冗談抜きで、JRが50歳まで現役でバリバリやってる姿を観てみたいです!

「優勝」の味を何度も味わっているJRは、これからもたくさんの「勝利」を呼び込んでくれます!

勝利よ、こんにちは!

Happy Hello Win!

 

(シーホース三河の公式写真を使わせて頂きました。素敵なお写真、いつもありがとうございます!)

保存

保存

保存

保存

Pocket