エキゾチック・ポートランド ~億千万の胸騒ぎ~

前回のブログでご紹介した『City Liquadators』のすぐ近く、これまた”ザ・ポートランド”なお店がありました。

『Cargo (カーゴ)』

写真1

元々は、20年ほど前に”パール・ディストリクト”エリア(ポートランドのNW(ノースウェスト)地区)にあったお店で、数年前にSE(サウスイースト)地区に移転。

写真2

 

写真3

 

20年前・・というとちょうど僕が留学してた時代で、あの頃のパール・ディストリクトエリアと言ったら、倉庫街で、ほとんど何もない場所でした。

なので存在すら知りませんでした。

行ってビックリ!

何、このエキゾニックな雑貨の数々!

写真4

写真5

写真6

写真7

パッと見、よくあるアジアやアフリカの民族ものを置いてあるお店っぽいんですけど、そのイキキッテル加減がすごすぎる(笑)

洋服やアクセサリーなどの身につけるもの以外にも・・

写真8

奇抜な魚の置物・・

写真9

 とっくり、

写真10

招き猫、

写真11

トゥクトゥク、

写真12

し、獅子舞!?

地下があってそこは更にディープでした。

写真13

写真14

石像、仏像・・!

写真15

写真16

いいの、持ってきちゃって!?

写真17

お仏壇をインテリアのように・・!?

おぉ・・歴史の教科書で見たことあるやつ。

写真18

こちらもまた。

写真19

日本も結構掘り出しに来てるみたいね。「まんだらけ」とかでむっちゃ高く売られてそうな”ホーロー看板”もたくさんありました。相当な年代物ぽいす。

写真20

写真21

写真22

再び一階に戻り、レジに目を向けると・・

写真23

うわ、これ、お寺の飾りじゃない!??

写真24

お値段、4200ドル・・42万円くらい・・高いのか、妥当なのかすらわからん。

本当、どうやって手に入れてるんだろうか・・(笑)

そして、購入されていく方はどんな使い方をされるんだろうか・・

でもね、これだけ国も置いてあるもののジャンルもバラバラなのに、何故か『Cargo』という一つのお店で見ると統一されてるから不思議。

写真25

写真26

これがやっぱりポートランドらしさ。

きっとオーナーの”好き”のフィルターがしっかりあるからなんでしょうね。

このお店もまた買う買わないを別として、終始胸がザワザワしつつ、長い時間滞在出来てしまうお店です。

写真27

 

 

保存

保存

Pocket