投げた小石から、大きな波紋が広がる

毎年、真夏に必ず1回開催しているポートランドリビング、今年の会場は納屋橋でした。

納屋橋でポートランドリビング自体を開催するのは約2年ぶり。

前は『カフェマ』という東海地区のカフェが集結するイベントに出店させて頂きました。

今回は、毎月納屋橋で開催されている『なやばし夜イチ』とコラボ。

なやばし夜イチの主催者でもある『八風農園』の風くんもポートランドリビングの初期からのメンバーなので、こういう形でコラボ出来るのは嬉しいことです。

川があり、橋がある。

本場ポートランドと似た環境での開催。

・・いや、全く似てはいないな(笑)

真夏の熱風のせいもあり、どちらかというとアジアンな雰囲気な中、夜イチはスタート。

でも、この雰囲気がまた最高なんです!

明るいうちからもお客さんはたくさん来てくださいました。

毎度来てくださる方、リビングと昔から関わりのある方、Love It, Portlandツアーに参加された方、そしてラジオのリスナーの皆様(&関係者)!

朝の番組MORINNG CHARGEのADちゃんたちも遊びに来てくれて、皆んなで”インスタ映え”を楽しんでました。

『Pine Fields Market (パインフィールズマーケット)』のポップアイス、むっちゃくちゃ美味しいんですが(個人的にはラムチョコバナナが超おすすめ)、美味しいだけじゃなく、写真に写した時、食べる時の可愛さにまで配慮がなされてるので、本当にさすがです。

「あ~ん」て食べる時に持ち手のところが大きな唇になるんです。

そりゃ40超えたおじさん(デザイナーのネコさん)もやっちゃうよね(笑)

そんなネコさんデザインで、今回もファーマー(生産者)の皆さんにリスペクトを込めたTシャツを製作。

生産者の皆さんが作る野菜や果物のアイコンをメインにし、そこに自転車やワインやクラフトなどを散りばめました。

よく見て頂くとわかると思うんですが、我らが愛する地元「愛知県」の形になっています!

書いてある文字こそ「PORTLADN LIVING」ですが、根底にあるのは「おらが街」を愛する気持ち。

何度も言うように、ポートランドが最も大切にする”ローカリティ”を僕らも最も大切にしています。

可愛らしくポップな仕上がりですが、誇りを持って着たい、着て欲しい骨太なTシャツなんです。

そして、嬉しかったのは、友達がバルセロナから遊びに来てるって友人を連れて来てくれたんですが、「愛知県に来たお土産に」って買って行ってくれたんですよね。

海を超えた土地で”僕らの愛知県”をアピールしてくれるって素敵。

そして今回のポートランドリビングで改めて感じたこと。
知り合いがそのまた知り合いを連れてきてくださったりして、輪の広がりを強く感じたことです。
昔からリビングに関わってくださってる方がその知り合いを。
2年目にポートランドツアーに参加された方が4年目に参加された方と一緒に。
「DELLA E」のメンバーが他の仲間を、足助の皆さんがそのまた知り合いを・・
などなど。
小さく始まったものがどんどん大きくなっていく「輪」を感じました。

「最初に投げる石は小さなものかもしれないけれど、その投げた石が水面で作った波紋は大きなものになる。」

スイートオブオレゴンの長谷部社長から頂いた言葉通り、ポートランドリビングを始める時に想い描いていたことが少しずつ現実のものになっていくのを実感した夜でもありました。

ポートランドリビングが始まったのが2014年の11月、あれから3年経とうとする今、こうやって改めて実感できることに幸せを感じます。

なやばし夜イチとも是非またコラボしたい!

風くん、ヨロシクです。

次回のポートランドリビングは今年最後となるんですが、11月5日(日)、場所を稲沢に移しての開催です。

今度は『iroとりどりマーケット』に参戦!

僕らの仲間、『丹下のなす』の丹下さんのホームグランド、稲沢。

稲沢駅すぐ近くの大きな芝部広場です。

秋晴れのもと(とか雨男が言うなよですが)、ピクニックな気分でお越しください!

 

 

保存

保存

保存

保存

Pocket