「Energy」をぶつけ合うことで、継承されるもの

節テーマは「Energy」!

まさに、Energy(エネルギー)の塊のような男、橋本竜馬凱旋!

「おかえりなさい、橋本竜馬!」

この言葉をアナウンス出来て、嬉しかった・・・!

そして、この言葉の後、颯爽と登場する橋本選手。

沸き起こる歓声。

今でもここが彼の”ホーム”であるかのような温かく、そして、感謝の気持ちに溢れた拍手。

NBAでもよくあることですが、移籍してしまった選手でも、いつまでも元のチーム、ファンに愛され、いつだって拍手や大歓声で迎えられる。

橋本選手が、ここ刈谷に残してくれた功績の証、ファンの拍手が全てを物語っています。

体張って、相手に噛みつき、食らいつくのを何年もずっと見せてくれたのが橋本選手。

今では相手チームの一員ではあるけれど、それでも、シーホース三河に与える精神的な影響力は大きい!

「情熱をぶつけてくる男に、情熱で負けるな」

試合は、そう言わんばかりの激しいぶつかり合いとなりました。

もともと、ディフェンスにとても定評のある琉球ゴールデンキングス。

簡単にはボールをまわすこともできず、得点の要である金丸選手にも厳しいタイトディフェンス。

しかし、金丸選手、試合開始早々に連続ゴール!

あと3点と迫っていた、個人通算6000得点も達成!!

幸先良いスタート!

・・だったんですが、そう簡単に引き下がる相手ではない。

むしろ、ここから気持ちを、パッションを前面に出してくるのが、琉球ゴールデンキングスというチーム。

試合は一進一退の攻防。

もう一度言います、今節のテーマ、「Energy」!

見せる、狩俣キャプテンの橋本選手に対するグッディ!

ファンブルを誘って、ルーズボールになったところ体ごと持って行く・・残念ながらマイボールにはならなかったけれど、こういう「Energy」溢れるワンアクション、ワンアクションが試合の流れを徐々に引き寄せる。

一時、二桁得点差がついた場面もありましたが、それでも最後の最後まで諦めず食らいつく・・・

が、惜しくも4点差で惜敗。

悔しかった、後ちょっとだっただけに、本当に悔しかった。

でも、気持ちでは負けてなかった。

負けは負けでも、必ずや次の日に繋がる試合内容でした。

翌日、開場前から選手たちの気合は違いました。

僕たちが音や進行のリハーサルをしているところに、ミークス選手とサザランド選手がふらっと現れ、おもむろにシューティングを始めました。

ミークス選手は前日のフリースローの確率も気にしてか、入念にシュートをチェック。

とは言え、元来、とっても明るい選手なので、深刻な感じではなく、DJ YOU-Boiくんがリハでかける音楽にノリノリ状態でシュートアラウンド。

途中からは岡田選手も現れ、一緒になって、シュート練習してました。

なんだかいけそうな気がする。

長年、同じ会場で試合をずっと観続けていると、その時その時の会場が持つ雰囲気、空気感みたいなものを肌で感じることがあって、言葉ではなかなか表現し辛い部分で申し訳ないんですが、ただ、この日は、勝利のそれを感じたんです。

”流れ”っていうんですかね。

開場してから、たつのコネクトの皆さんの応援練習の時も、いつもの『フライアゲイン』で、体ごと右へ左へ行っちゃってる人も多く、声の量もすごかった。

試合が始まると、練習が功を奏したか、ミークス選手のシュートタッチも良く、ミドルからもバシッと決まる。

一進一退の攻防を繰り広げながらも、前半を7点リードで折り返し。

『タツヲンTHEステージ』でも、そこにあるのは、”パッション”!

僕とタツヲのアリウープダンクも初めて成功し、”流れ”は継続!

スタッフからも、

「今日は勝てる”流れ”です!」

この”流れ”信じて、青援を送るのみ!

後半に入ると、琉球も修正してきて、スリーポイントラインで待つフリーの選手のシュートが高確率で決まる。

3点を連続で入れられることで、それまであった点差もじわじわ縮められ、気づくと逆転される。

そして、点差が開き始める。

が、何度も言います、今節のテーマは、

「Energy」!

窮地を救ったのは、シーホース三河に加入してまだ間もない、岡田侑大!

まだ二十歳になったばかりの期待のホープ!

しかし、一旦コートに立てば、年齢?そんなの関係ねぇ!

ボールを受け取ったら、まずはゴールにアタックすることを考える!

この”度胸”、どこかで観た記憶が・・

そうだ、橋本竜馬という新人が「アイシン シーホース」に入団したばっかりの頃のあの光景です。

登場するやいなや、自分の声で自分を鼓舞し、誰よりも激しく自分のマークマンにへばりつき、ルーズボールがあれば、誰よりも真っ先に飛び込み、自分の仕事以上のことを全うする。

オフェンス、ディフェンスの違いはあれど、相手が誰であろうと臆することなくぶつかっていく”度胸”、新人だった頃の橋本選手と今の岡田選手がダブりました。

大事な場面で全てボールを受け取り、ことごとく自分のタイミングでシュートを打っていく。

時にミスもあれど、だからと言って次に萎縮してしまうのではなく、よりアグレッシブに攻めていく。

気持ちが誰にも負けていない、というか、自分に負けていない。

これぞ、橋本選手が長年、ここ刈谷で見せてきた姿であり、今は岡田選手がそれを体現する!

そして、岡田選手だけでなく、ここ一番で誰よりも強い”Energy”を見せてくれたのが、我らが狩俣キャプテン!

エンドライン、ギリギリのところで攻撃のチャンスをうかがっていた並里選手から、一瞬の隙をつき、スティール!

その瞬間、会場から割れんばかりの大歓声!!!

みなさんの大青援が狩俣キャプテンの背中を押す!

狩俣キャプテン、そのままボールを運び、ファストブレイク、自ら切れ込んでファウルをもらう!!!

またまた割れんばかりの大歓声!!!!

その後、最後の最後まで本当にどうなるかわからない展開だったけれど、後で振り返ると、このファウルで得たボーナスショットが試合を決定づけた瞬間でした。

傾きかけた”流れ”を自ら呼び込んだ気迫のディフェンスでした!

もちろんヒーローは、狩俣キャプテン!

「昨日、負けてしまったので、しっかりまたエナジー出して戦おうと思っていました。」

今節のテーマ、「Energy」、この言葉も出てきました!

「また、強い気持ちで琉球さんも来ると思ったので、自分も強い気持ちで戦おうと臨みました!」

橋本選手とのマッチアップについて伺うと、

「2年間、彼からたくさん学ぶことがあったので、成長した姿を見せられるように、今日は楽しんで対戦しました。」

偉大です。

ここでもやはり橋本選手はしっかり意識されているわけです。

あえて言いますが、”敵”ながら、今尚、こうしてシーホース三河に大きく影響を与える存在、本当に偉大です。

そして、もう一人のヒーローは、もちろんこの人、ユーーーーターーーーー、オーーーカーーーダーーーー!

岡田選手にとって、記念すべき初のヒーローインタビュー。

「結構ミスもしてしまったんですが、チームメイトの先輩たちが大事なところで助けてくださって、ホッとしています。」

大事な場面でボールを託され、緊張などはなかったですか?

「いや、ゲーム中は特に緊張とかはしないんですが…こういうところになると緊張しますね(笑)」

パンツを触りながら、もじもじして答える姿、この姿には・・3月にアウェーで対戦する”あの選手”を思い出した方も多いはず(笑)

今回の橋本選手との対戦のように、3月の戦いも、相当シーホースにとって大きく得るものがある試合になりそうです

たとえ、チームを離れても、かつては”共に戦った”勇士たち。

共にコートに立った者同士だけにしか分かり得ないものがある。

「言葉」ではなく、まさに「パッション」で語り合い、「Energy」をぶつけ合うことで、継承されるものがある。

一瞬一瞬のワンプレーに、脈々と流れる歴史やドラマ、はたまた”永遠”を感じた週末でした!

(シーホース三河の公式写真を使わせて頂きました。素敵なお写真、いつもありがとうございます!)

 

Pocket