Love It, Portland 2018 〜それぞれのポートランド、それぞれのオレゴン!〜

今まではツアーを主催する側だし、みなさんをご案内する側だからこそ、あれも知ってなきゃ、これも知ってなきゃって思っていましたが、もうごめんなさい、無理です。

諦めました(笑)

ツアーに参加される皆さんのとことん貪欲な姿勢、前向きな楽しみ方を見てると、こちら側が学ぶことだらけなんですもの!

今やネットであり、SNSだったりで、会ったことの無い現地の人と連絡まで取れたりする時代。

Uberみたいにアプリ一つで、行動力が10倍にも20倍にもなる時代。

人間一人がどれだけ頑張っても追いつけないだけの情報量が溢れかえってます。

そのこともまた改めてこのツアーを通して、参加者の皆さんに教えられたし、自分では思いもつかなかった楽しみ方をたくさん教えて頂きました。

「タイニーハウスツアーに参加してみた」







「ビールメガネかけてとにかくビールを飲み続けてみた」


「リアル・ウォーリーを探せをダウンタウンでやってみた」


「怖かったけれど、勇気を出して夜中自転車に乗って、橋の上から夜景を見てみた」





「Uber カラオケで『カントリーロード』を熱唱してみた」

「現地のバーバーで散髪してみた」




「ローカルなテニスクラブに加入して、スクールを受けてみた」




「クレイターレイクの前で『世界の中心』を踊ってみた」

こうやってタイトルにしてみると大分ユーチューバー的ですけど(笑)、これら予想外だったり奇抜なもの以外でも、皆さんの写真を見せてもらうとこちらもワクワクするんです!

だって、そこには僕が知らないポートランド、オレゴンがいっぱいあるんですもの!

そして、火がつくんです、じゃあ、自分はどうやってもっと楽しんでやろうかって。






皆さん、本当に”遊び心”満載で、ポートランドらしい、オレゴンらしい楽しみ方をされてて、またその姿を見ることができて、ただただ心から嬉しいです。

個々の楽しみはもちろんですけど、みんなで一緒に行った「クレイターレイク」、あの青色のグラデーションを見た時の感動の共有、これもまた最高に幸せな時間です。


ちょっと話がずれちゃうかもしれないんですが、僕の昔からの知人が、なんかとてつもなくでかい金額のビジネスの話をしてたんです。

どうやら成功したら2倍になって、またさらにとんでもない金額が手に入る、と。

その話を聞いた時に、とっさにね、

「2倍か・・でも僕は、30倍の感動の共有をしてるしな」

って思ったんです、思えたんです。

もちろん、あの感動を得るためにあの場所に行くためのお金は必要だけれど、それはべらぼうな金額では無いわけで、それと、いくらお金があったって、5年間積み重ねてきた上にあるこの感動は絶対に買えないものだなって。

こんな当たり前のことを当たり前のように感じられるのは、こうして皆さんと大好きなポートランド、オレゴンをとことん堪能できるからなんです。




5年という一つの節目を迎えて、こうして大成功に終わりましたが、6年目、7年目、そして10年目と、もっともっと趣向を凝らして楽しんでいきますので、リピーターの方も、これから初めて参加される方も、どうぞお気軽にご参加くださいませ!


そして、現地で叫びましょう、

Love It, Portland!

Love It, Oregon!

Pocket