みんなのリビング 2.0

この言葉を合言葉に名古屋市の社会実験の一つとして始まった我らが『ポートランドリビング』。

当時は、久屋大通公園の北側がその開催場所でしたね。

そこから『スイートオブオレゴン』の駐車場をお借りしたり、いろんなイベントとコラボしたりしながら、場所を転々とし、今は、池下にある「乗西寺」で開催しています。

境内に咲く桜がとっても綺麗な季節に開催できました。

場所は「公園」からは変わってはいるけれど、「みんなのリビング」の概念は変わっていません。

自分の家のリビング以外にも、自分が自分らしくくつろげる。

私有地かもしれないけれど、パブリックに開かれた場所に自分の「もう一つのリビング」がある。

この想いを常に大切にしています。

ということで、今年最初の、そして平成最後の『ポートランドリビング』のTシャツのテーマも、もう一度、この「LIVING (リビング)」を全面に打ち出してみました。

大きな文字で、「LIVING」が書かれ、その前には、それこそリビングにあるような大きな椅子。

この絵の構図ですが、これは、『ポートランドリビング』が始まった頃から開催場所のアイコンとして飾られているチョークアートが元になっています。

そして、全体として、今回はとあるアニメのパロディにもしました。

『AKIR〇』

僕ら世代の男子であれば、ほとんどが通ったであろう伝説のアニメ。

あのアニメの舞台って実は、2019年、今年なんですよね。

「ネオ東京」ならぬ、僕らの「ネオ名古屋」をこの絵で表現しました!

野菜、自転車、ワインなどなど、『ポートランドリビング』には欠かせないアイテムたちが描かれると共に、不敵な笑みを浮かべ座る男の後ろには、お仏壇が!

このお仏壇は、開催場所でもある乗西寺のお仏壇、そのもの。

ある意味、宗教画のようなこのTシャツがズラーっと並ぶ姿も圧巻でした(笑)

仲間も入れ替わりながらも、年々その「コミュニティ」は大きくなり、今回、今まで開催した『ポートランドリビング』史上でも、最高入場者数だったかと思います(ちゃんと数えたはしてないので、あくまで肌感覚ですが)。

「みんなのリビング 2.0」

来てくださるお客さんたちにそう思ってもらえるのは、もちろんなんだけど、出店者側である僕らがその感覚を誰よりも強く持ってるからこそ、自分たちにとって心地良い場所として常にアップデートし続ける空間でありたいと思います。

次の『ポートランドリビング』は、6月の『岐阜ビール祭り』とコラボ開催致します。

初のコラボなので、どんなケミストリーが生まれるか、今からワクワクしますが、きっとまたスタイルの違った「リビング」が誕生するかと思います。

ゆっくりくつろぎに来てください。

 

Pocket